株式投資(中国,ベトナム,インド)

中国株を知る

中国株には幾つかの種類があります。

同じ中国株幾つかの種類に分けられていて種類によって取引に制限が加えられています。

大きく分けるとA株、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の5種類に分かれます。

その中でも日本人に購入ができる中国株はと言うと、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の4種。

つまり、A株以外の中国株は全て購入できると言うことになります。

A株は中国国内の人間だけに解放された株で上海と深センで取引されている中国株。

B株は取引されている場所は同じですが外国人にも中国人に購入可能になっている。

H株は香港市場で取引される株で、香港と外国の人は購入できるが中国本土の人間は購入できない物です。

レッドチップはH株とほぼ同じ物です。

そのほかの香港株はH株とレッドチップ以外の株で香港の人と外国人が購入できます。

中国株の情報はインターネットのサイトなどで得ることもできます。

中国株管理支援ツール

ほぼ全ての方に言えることだと思いますが株価を知るためには情報を提供しているサイトに行って、チャートなどを見て参考にしているのではないかと思います。

銘柄を選ぶときはいちいちコード番号を入力して、それらを表示させるというのはちょっと手間になるのではないでしょうか。

そこで何か便利なソフトなどで代用することはできないかと探してみると実は非常に便利な物が見つかりました。

それが中国株管理支援ツール「China Stock Manager」と言う物です。

このソフト自体はフリーウェアとして公開されている物です。

(2006年12月6日現在)
このソフトを使うと上海B株、深センB株、ハンセン株、H株、GEM、その他メインボードの株価が取得できます。

さらに、ートフォリオ管理もできて、証券会社ごとの手数料も自動計算できます、一目で今現在の損益が分かります。

さらに株価のデータをCSVで書き出せるのでエクセルを使って資料作成などが可能です。

これは非常に便利な機能だと思いませんか?

株の買い方

株の買い方について、まずはじめにやらなくてはいけないことは、証券会社を選ぶことです。

その時、手数料や、サービス内容、取り扱っている投資商品などを必ず確認し、検討してから自分の投資の方法にあった証券会社を選ぶようにしましょう。

株式投資には方法がいくつかあり、通常の株式投資の他に、株式ミニ投資、デイトレードなどによって、証券会社の選び方が異なってくるのです。

株式ミニ投資を扱っていない証券会社もありますし、デイトレードのような一日何度も投資をする方法には通常の手数料だと損をしてしまうのです。

ですから自分のあった証券会社選びはとても重要なのです。

証券会社が決まったら、次は口座開設をしなければいけません。

開設した口座に取引の資金を振り込むのです。

証券会社の株価情報や新聞などを参考に買いたい株式銘柄を決めます。

証券会社に資金を入金していれば、いつでも株取引をすることが可能です。

中国本土の株の特徴

その中で社会主義計画経済の最大の名残である国有企業をいかにして改革していくかが重要な課題として残っていました。

改革費用として国費をつぎ込むよりも、まずは優良な国有企業を株式改組してしまい株式市場において資金調達を行うことで、改革費用ルートを確保しようとしているのです。

こうしたことで中国本土での株式市場が誕生することになりました。

企業は資金の確保ができ、株式市場の投資家にとっては競争原理、市場経済というものに対する理解促進という意味で、非常に良い機会になっているようです。

本土に株式市場が創設されてからすでに10年以上たちましたが 国有企業改革のための市場という側面はあまり目立たない物になってきました。

中国の株にはA株とB株という物があります。

大きな違いは取引することができる人が違うのです。A株では中国国内投資家向けの市場として成っています。

これは市場規模や知名度などによってできる各市場における資金量の違いなどがその原因です。

特にB株は安いのでお得なのですが試験的な市場としての側面もありA株の影響を受けることは否めません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。